韓国料理研究家ファン・インソンがカワイクてビックリ!

ファン・インソン君が4月14日の日テレ「メレンゲの気持ち」のミニコーナー「急上SHOWパーソン」に出演したしました。これはNHKの2月6日あさイチに続くもので、テレビは2回目のようです。特筆すべきはニューハーフでもないれっきとした男の子がカワイクてまるで女の子のようだということと韓国料理研究家として立派に成功しているということです。ここでは可能な限り調査したいと思います。

年齢は?

ども2月が誕生月なので2018年の現在は25歳の模様です。

しかし、この容貌で兵役のある軍隊はすませたのでしょうか?

出身は

どうも韓国のソウルです。

韓国では看護師の経験がある。料理研究家の道

どうやら、看護の経験上に点滴を受けている患者さんをみて、ちゃんとした食事から栄養補給をしたほうが、体にはいいと感じたようで、看護しから料理研究家への道に入ったようです。

実は結婚していた。

2015年に日本の女性と結婚していた。

馴れ初めは、韓国のリゾート地チェジュ島に旅行にいった際、ある日本女性に「通訳をお願いできないか?」かと聞かれたのがなれそめだそうです。きっと声をかけた奥さんも最初は女の子と思ったに違いありません。

日本語習得は独学

現在の奥さんと知りあったあと約3年の間に独学で日本語を勉強したようです。

すごいですね。

最初の友人は関西人だったようで、「なんでやねん!」が標準の日本語と勘違いをして使っていたそうです。

インくんと呼ばれている

奥さんを含めファン・インソンさんはインくんと呼ばれています。

実際料理ようのエプロンにも刺繍で「インくん」と書かれています。

実際は奥さんお手製の刺繍のようです。

子供はいるの

実際のところお子さんはいないようです。

その代わりに猫が2匹います。

蘭丸とユッキーという名前の猫ちゃんです。

まとめ

インくんは愛称。

日本人のお嫁さんがいる。

ニューハーフではなくれっきとした男の子。

看護師の経験から料理研究家に転身。

年齢は25歳。

日本に来て3年目。

日本語は独学で習得。

男の子にしてはかわいすぎるので人気になった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする