Wikichers BlogMedia
ウィキチャーズ ブログメディア
powered by Dreamweaver

8月のWindowsUpDateの不具合で問題のない場合も削除を推奨!

マイクロソフト社は,8月に公開した更新プログラムの適用により起動に失敗するなどの問題が発生する事について、問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のため、4つの更新プログラムをアンインストールすることを推奨している。

削除対象の更新プログラムは以下のとおり。

・2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014年8月12日)
・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
・2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
・2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

同日時点で、Windows Update/Microsoft Update/自動更新経由によるこれらの更新プログラムの配信は停止しているという。

また、これらの更新プログラムをインストールした後、問題が発生していないコンピューターにおいても、予防的処置のため、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨するとしている。

アンインストールの方法は、Windows7場合は「コントロール パネル」−「プログラムと機能」−「インストールされた更新プログラム」の画面で該当プログラムをアンインストールすればよい。

ちなみに、筆者のパソコンは不具合は起きていないが、KB2982791とKB2970228のインストールが確認された。

19日、サポート技術情報 2982791 「MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014」の日本語版が更新され、復旧方法が公開された。








アクセスランキング

1..無料でDreamweaverがダウンロードできるサイトがあった!

2.無料分割・結合ソフトDIV2

3さくらインターネットのレンタルサーバーの評判とお試し期間レポート.

4.無料アプリ「iPhoneを探す」で恋人の行動監視!

5.無料Daemon Tools Liteの使い方(マウント編)!

6.無料Daemon Tools Liteの使い方(インストール編)!

7.えずき注意!喀血の恐怖!この思いジャイアンツ村田修一選手に届け!

8.Windows7でのDreamweaver動作確認レポート

9.ノートンとウイルバスターの比較実験レポート

10.Centrino for XP でWindows7が動くか?

11.ウイルスセキュリティソフトはどれを選ぶべきか?

12.Geocitiesの長所と問題点とレンタルサーバー(1)

13.無線LANとネットバンキング

14.システム要件以下のメモリーでWindows7が動くか?

15.外資系企業に転職するのは今でしょう!


Copyright (C) 2014 Wikichers All Rights Reserved