Wikichers BlogMedia
ウィキチャーズ ブログメディア
powered by Dreamweaver

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が全米1位!

村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の英訳本が全米の新書売れ筋ランキング1位に輝いた。ノーベル文学賞の受賞はまだであるが、彼の作品は広く全世界に多くのファンを持ち、売り上げはすさまじい勢いだ。

ニューヨーク・マンハッタンにある「紀伊国屋書店ニューヨーク本店」のジョン・フラー店長によると、同店だけでも発売後の1週間で100冊以上が売れた。

フラー氏は「米国には安定した村上さんのファン層がいる。ストーリーが魅力的なので、今後も当分、売れ筋になるだろう」と期待。英語版の価格は25・95ドル(約2700円)で、アリゾナ大のフィリップ・ガブリエル教授が翻訳した。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(英題は直訳でColorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage)は、高校時代の友人4人から絶縁された過去を背負う多崎つくるが、友人たちに会いにいき、自分を取り戻すストーリー。日本では昨年4月12日に発売され、既に100万部を突破している。英語のほかオランダ語、ドイツ語など10カ国語以上に翻訳されている。

村上さんは2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるチェコの文学賞「フランツ・カフカ賞」をアジア圏の作家として初めて受賞。同賞はノーベル賞受賞者を何人も輩出していることから、以降、ノーベル文学賞の有力候補者として毎年浮上。1968年の川端康成氏、1994年の大江健三郎氏に次いで日本人3人目の受賞が期待されている。








アクセスランキング

1..無料でDreamweaverがダウンロードできるサイトがあった!

2.無料分割・結合ソフトDIV2

3さくらインターネットのレンタルサーバーの評判とお試し期間レポート.

4.無料アプリ「iPhoneを探す」で恋人の行動監視!

5.無料Daemon Tools Liteの使い方(マウント編)!

6.無料Daemon Tools Liteの使い方(インストール編)!

7.えずき注意!喀血の恐怖!この思いジャイアンツ村田修一選手に届け!

8.Windows7でのDreamweaver動作確認レポート

9.ノートンとウイルバスターの比較実験レポート

10.Centrino for XP でWindows7が動くか?

11.ウイルスセキュリティソフトはどれを選ぶべきか?

12.Geocitiesの長所と問題点とレンタルサーバー(1)

13.無線LANとネットバンキング

14.システム要件以下のメモリーでWindows7が動くか?

15.外資系企業に転職するのは今でしょう!


Copyright (C) 2014 Wikichers All Rights Reserved