Wikichers BlogMedia
ウィキチャーズ ブログメディア
powered by Dreamweaver

ニセモノのiPhone・iPad電源を使ってはいけない理由!

アップル用電源でニセモノだと承知の上で安いので買ってしまおうとすると、あとで大変な目にあうことがあるので十分ご注意を・・・。

iPhone・iPadの電源アダプタもうひとつ欲しいけど、アップル純正買うのはもったいないかな、と思ったことありませんか? その方が安上がりで、中には見た目もアップル純正そっくりなのに、値段は数分の1なんてのもありますから。でもその手のアダプタで充電してると本体がアッツアツになって、2、3週間もすると使えなくなってしまうこともしばしばあります。

Ken Shirriffさんが、アップル純正とニセモノの電源アダプタをそれぞれ解体して、その違いをブログで詳しく説明しています。アップル純正は19ドル(日本国内価格1,900円)ですが、ニセモノはたった3ドル(約300円)。Shirriffさんの解説を読むと、粗悪品には色々と問題があるということが分かります

ニセモノアダプタの外側には、いろんなガジェットで見慣れた安全性の認証マークが付いていますが、「これが安全性テストに合格するはずはない」と彼は言っています。

たとえばニセモノ充電器には純正の半分のパワーしかなく、充電する時間もかなり長めです。断熱材もほとんどなく、そのため中身はスカスカ。そのせいで火花が出たり、場合によっては火事になることもあるようです。


 焼け焦げたiPhone用電源

Shirriffさんのブログには詳細に触れられていて、ニセモノの仕組みの違いや回路図まで書かれています。でもとにかく端的に言うと、安物買いは銭失いになるってこと。純正以外全部ダメというわけではありませんが、少なくとも純正風の激安品には気をつけたほうがよさそうですね。


Images by Ken Shirriff
source: Ken Shirriff








アクセスランキング

1..無料でDreamweaverがダウンロードできるサイトがあった!

2.無料分割・結合ソフトDIV2

3さくらインターネットのレンタルサーバーの評判とお試し期間レポート.

4.無料アプリ「iPhoneを探す」で恋人の行動監視!

5.無料Daemon Tools Liteの使い方(マウント編)!

6.無料Daemon Tools Liteの使い方(インストール編)!

7.えずき注意!喀血の恐怖!この思いジャイアンツ村田修一選手に届け!

8.Windows7でのDreamweaver動作確認レポート

9.ノートンとウイルバスターの比較実験レポート

10.Centrino for XP でWindows7が動くか?

11.ウイルスセキュリティソフトはどれを選ぶべきか?

12.Geocitiesの長所と問題点とレンタルサーバー(1)

13.無線LANとネットバンキング

14.システム要件以下のメモリーでWindows7が動くか?

15.外資系企業に転職するのは今でしょう!


Copyright (C) 2014 Wikichers All Rights Reserved