Wikichers BlogMedia
ウィキチャーズ ブログメディア
powered by Dreamweaver

【ソチ五輪ジャンプ女子】高梨沙羅がメダルを取れなかった理由!

ソチ冬季オリンピックのノーマルヒル女子ジャンプで高梨沙羅は4位になってしまった。なぜ彼女がワールドカップで13勝もした実力者なのにメダルを取れなかった事を解説します。

採点方法

スキージャンプの順位は「飛距離点」「飛型点」の合計ポイントで採点される競技。これを2回のジャンプで採点し合計点を争います。

「飛距離点」はK点を超えると加点、超えないと減点になります。たしかに、遠くへ飛べば良いのですが、このK点は昔Critical Point(危険点)を示しここを超えると危険というポイントです。

「飛型点」はジャンプ台からの飛び出し後の空中姿勢と着地の姿勢の精度を得点で評価します。

メダリストの成績

金メダル カリーナ・フォークト(ドイツ) 247.4
銀メダル ダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(オーストリア) 246.2
銅メダル コリン・マッテル(フランス) 245.2

※ドイツのカリーナ・フォークトはワールドカップで上位に姿を表す選手ではありませんでした。

高梨沙羅の成績

1回目 100m 124.1、2回目 98.5m 118.9 合計243.0

最大の理由は風

1位から3位の選手は全員2本中1本は向かい風でした。向かい風のジャンプは飛距離点を大きく伸ばすのに有利だとされています。
高梨沙羅の場合、天は彼女に味方せず2本中2本とも追い風でした。
確かに、1本目には追い風加点+3.1、2本目の追い風加点+1.9を獲得しましたが、飛距離の加点の可能性に比べれば低いものなのです。

ジャンプ台の滑走MAXスピード

金メダル カリーナ・フォークトの滑走トップスピードは91.3Km。
高梨沙羅の滑走トップスピードは90.3km。

滑走スピード差1Kmで飛距離は2m違うとされています。
他のジャンプ台に比べソチジャンプ台の勾配のゆるさと、高梨沙羅の体格の差で思うようにトップスピードにのれなかったのでしょう。

まとめ

高梨沙羅のコメント「オリンピックという舞台に立てたのはいい経験。感謝を伝えるためにこの場所にきたので、いい結果をだせなかったのは残念。」

天才女子スキージャンパーの高梨沙羅さん、今回は天が味方してくれなかったけれどこれも人間だれにでもそういう試練はつきもの、明日に向かってさらなる飛躍を期待したいものです。

【関連記事】
【ソチ五輪モーグル女子】上村愛子がメダルを取れなかった理由!
【ソチ五輪ハーフパイプ】平野歩夢プロとして銀メダル、ボードメーカーに問合せ殺到!
【ソチ五輪ノルディック複合】渡部暁斗が銀メダル、20年ぶりの快挙!









アクセスランキング

1.無料分割・結合ソフトDIV2

2.カテ違い健康編】えずき注意!喀血の恐怖!この思いジャイアンツ村田修一選手に届け!

3.Windows7でのDreamweaver動作確認レポート

4さくらインターネットのレンタルサーバーの評判とお試し期間レポート.

5.無料Daemon Tools Liteの使い方(マウント編)!

6.無料Daemon Tools Liteの使い方(インストール編)!

7.無料でDreamweaverがダウンロードできるサイトがあった!

8.無料アプリ「iPhoneを探す」で恋人の行動監視!

9.ノートンとウイルバスターの比較実験レポート

10.Centrino for XP でWindows7が動くか?

11.ウイルスセキュリティソフトはどれを選ぶべきか?

12.Geocitiesの長所と問題点とレンタルサーバー(1)

13.無線LANとネットバンキング

14.システム要件以下のメモリーでWindows7が動くか?

15.外資系企業に転職するのは今でしょう!


Copyright (C) 2014 Wikichers All Rights Reserved