Wikichers personal computing solution powered by Dreamweaver
ホーム 広告 管理者 お問合せ

無線LANとネットバンキング

パソコンの台数も増え、LANケーブルが部屋中ぐちゃぐちゃになってきたので、我が家にもやっと無線LANが開通した。
ノートパソコンユーザーとしては非常に快適である。

実は、10年くらい前から考えてはいたものの、根が疑り深い性格なので無線LANの第三者による傍受であるとか第三者によるモデムへの進入であるとか非常に心配であった。当時の職場でも無線は危険といってがんとして譲らないエンジニアがいたものだから、私もそうだよね〜と思いつつ時が流れてしまったのは事実である。

しかし、ここ10年間の間にこれらのトラブルの話を耳にしたことがない。

今回、無線LANの設定もWifiのおかげで非常に楽であった。一昔はまずは親機を設定してから子機を設定して、この面倒くささを解消する為に各社簡単接続なるソフトをわざわざ作成販売してきたが今では楽チンであった。

まず、パソコン本体のMACアドレスをモデムNECのAtermに登録した。
それから、MACアドレスのフィルタリングをかけ、暗号化は128ビットのWEP標準とした。もちろん、TKIPなるさらに厳重な暗号化もあるのだがいまいち良くわからないので明日にでもメーカーに問い合わせをしようと思う。
ソフトでモデムを再起動をかけるとモデムの型番の信号が飛んでいるのがWifiのインジケータで確認できた。あとはパソコン側からモデム横についている16桁のIDをタスクバーに表示されているアンテナマークのアイコンをクリックし書き込み設定は完了。

体感的には優先LANとスピードは変わらない。暗号化している分だけレートが落ちると思っていたがそうでもなかった。
念のため、回線スピード測定ページで測定すると7メガでている。

実は我が家は未だにADSLを使っている。理由は、以外と電話基地局との距離が短く下りで7メガでているので回線スピードに全く不満はない。確かに、何ギガもする重いソフトをダウンロードするには遅いといわざるをえない。がしかし、私の知り合いに光フレッツを導入しているお宅があったのでお邪魔する機会があった。参考の為に回線スピードを計測するサイトで実行レートを測定するとな・な・なんと4メガであった。どのプランに入っているか知らないが友人気分を害するといけないのでスピードの話は内緒にしておいた。

無線LANの親機も当時3万円程度したものをプロバイダーのプレゼントセールで無料でゲット、親機の無線カードもヤフオクで465円で落札。1コインで無線LANの環境が整った事になる。

只、いまでも私は慎重なのでインターネットバンキング使用の際はLANコードを接続し、無線をオフにして使用している。
また、メインバンクはネットバンキングの登録となっているが、特に重要でない場合以外は使用しない。その代わり、送金専用サブバンクにりそな銀行のネットバンキングを利用している。一時期潰れかかったりそな銀行は、今徹底して人件費を押さえネット銀行化してる。希望者でない限り通帳もない。まるで、アメリカンバンクかシティバンクのようである。
ネット用のテーブル式暗号カードを支給された。
これで益々安心である。

私は慎重な方であるが、ことセキュリティーに関しては慎重な方が良い。
スマートフォンのネットバンキングなどもってのほかと感じる。



Blogger        

Wiki Brown
日本AMD社を退社したの
ち自由人となる。
自称ITジャーナリスト



広告を募集しております。

クライアントの方はヘッダーの「広告」をクリックしてください。
どこよりも安価で掲載させて頂きます


Copyright (C) 2013 Compserve All Rights Reserved.